永岡武人(1984〜)の北京(2010〜)→成都(2014〜)での建築設計事務所勤務生活雑記
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

康巴什(kang ba shi)散策
朝起きるとめちゃくちゃ天気がよくて外に出かけたくなったので、仕事の予定をやめにして(3連休最終日)、隣町の康巴什に行くことに。MAD設計のオルドス博物館には行ったことがあるのだけど、街をぶらぶらしたことがなかったので散策することにした。

↓オルドス博物館の隣に建つのは本をモチーフにした図書館。

オルドス博物館については特に新しい発見がなかったので興味があれば昨年のブログを参照してください。今回は4時間かけて散歩した康巴什の街レポート。と言ったものの写真を見返すと、あまり街の写真がなく変なもの特集みたいになってますが写真レポートをどうぞ。

↓市政府前の軸線は長さ4キロ弱。そのスケール感での(航空写真)ランドスケープ。と実空間。幅は200m程度で広島の100m道路の単純に倍。



↓軸線の一歩裏手に入るとアパートがたくさん。


↓軸の南端。実はちょっと軸がずれてるのがわかる。


↓水辺空間に飢えている北京住まいのぼくには無条件で気持ちがいい。(たとえ人口の川であっても。)


↓向こう岸、右の方に変なものが映ってる。


↓水辺にモンゴルゲル。



というところで終了。
たまに脇道にそれたりしながら軸線の上を歩いて約4時間。
天気がいいからと散歩に出たものの、余りに陽射しが強く、水分補給もできず、撮った写真のほとんどがヘンテコなものばっかりで今見て驚いた。
まあそういう街なのは間違いないし、建築関係者でこんなだらだらこの街を散策した人もそうはいないだろうから、ある意味貴重な体験となった。咀嚼するには知性を働かせる必要があることは間違いない。


機能しない排水
起床後すぐに現場へ向かい、3点の確認事項と新たに発覚した問題の解決策を提案し昼前事務所に戻る。事務所に戻る途中お昼ご飯をと思い初めてのパン屋さんに入ってサンドイッチと菓子パン、カスタード?ケーキを購入。菓子パンはぱっさぱさで食べられたものではなかったけど、サンドイッチはまあたまにならいいかも。銀行にも寄り、お金を下ろそうとしたら銀行の係の人がずっとぼくの画面を覗き込んでくる。何か問題?と聞いてもリアクション無しでずっと覗き込んで来るので暗証番号や残高など見られたくないし、不気味だったけど構わずお金を下ろして去る。

午後は昨日に引き続きPPT作成。
オルドスの空気は北京に比べずっと奇麗で気温も低く涼しく過ごしやすいのだけど、乾燥のせいか、あるいは砂埃のせいなのか、植生のせいなのか、くしゃみが止まらず苦しい。目も痒くなるので目薬を購入。


オルドスの年間降水量は400mm程度(ちなみに北京:600mm、東京:1500mm、八戸:1000mm)と少ないのだけど、夏にどっと集中(7、8月で200mm、ちなみに東京の7、8月で300mmくらい)して降る。一日の中でも集中的に降る。にもかかわらず排水が機能していない。理由1.排水インフラが整っていない。理由2.施行の悪さで排水溝に向かって勾配がついていない。という写真が下。



明日は晴れるといいのだけど、サングラスが割れてしまったぼくの目にはオルドスの太陽は眩しすぎて晴れと雨の中間、、、つまり曇りが望ましい。


壁の落書きが更新されていた
とある胡同にある謎のスペース箭厂ART LAB OVA(横浜)がやってきて何かやっていると言うことで恋人と一緒に行ってきた。蔭山ヅルさんのことはほぼ一方的に存じ上げていたので話しかけようかと思ったけど、恋人と話が弾んでいたのでぼくは横で話を聞くだけにし、その場を後にした。

その近くの胡同で以前も見かけた落書きが更新されていた。

5月11日のもの


更新された落書き

クオリティーは落ちているけれど、次に出会った時はいったいどうなっているだろうか。


フェスの写真
朝10時起床。齢のせいかまだ筋肉痛はそれほどきていない。
午前中は掃除洗濯部屋の片付け。昼から丸亀製麺に行き、ざるうどんを食し、久しぶりに建外SOHOに行って恋人の授業が終わるのをスタバで待つ。
その後鏡さんの事務所にお邪魔して3時間程お話しし、さらに食事にでかけただ今帰宅。
相も変わらず国の制度のことを話したり、宇宙のこと、中国社会のこと、事務所の体制のことなど。ぼくの身の振り方について色々とアドバイスを頂き、背中を押してもらった感じ。

昨日のフェスの報告をするという公言を破らないように、とりあえず写真(17枚)だけアップ。
明日それにコメントを更新しようと思う。



















元宵節(旧正月最終日) 花火が派手にあがっている
朝9時起床。
5時まで飲んでいたわりには普通に目が覚めた。
起床後すぐに印刷会社に連絡する。昨晩送ったデータを誤って削除してしまったので再度送信してほしいとの連絡。こんなこともあろうかとデータを持って帰っていたので、すぐに送信。

今日は元宵節という旧暦(農業歴)の正月最後の日。恒例のお団子を食べ、掃除洗濯などをしてゆっくり過ごす。


13時過ぎ昼食を食べにでかけるもトンカツ屋のサボテンが14時ランチタイム終了。
建築の名前を忘れてしまったのだけど、アラップ設計のモール/オフィスの複合施設の地下二階に入っている。






結局お店に入れなかったので近くの法派に移動しサンドイッチを食す。よく来るのだけどここのサンドイッチは美味しい。サービスもいい。
お店のある日壇北路に北朝鮮大使館を発見。この辺りにはハングル文字の看板が掲げられているお店が多いなとは思っていたけどそう言うことだったのか。

その後世貿天階の本屋に行き安くなっていた雑誌を3冊15元で購入。
帰りにオリーブオイルやパスタ、トマト缶などを購入して17時帰宅。

帰宅後、少し昼寝。しかし春節最終日ということで花火がばんばん打上っていて眠れない。
家の周りでも派手にあげていたので散歩に出かける。数千元かかっていそうな規模で楽しむ。景気がいいな。



散歩から帰り久しぶりにパスタを食べ、恋人と住宅の打ち合せ。
気がつけば24時を過ぎていて、花火の音も聞こえない。しっかり正月は終わったみたいだ。


北京の大気
徹夜があったりして更新する時間がないのだけど、空気が酷すぎる。ということだけ書いてこれから出勤。雨が降った後のようでもあり、降る前のような湿度なのだけど、これが大気汚染というやつなら最近一番話題になっていた頃よりも視覚的には酷い。



オルドスの一地方都市の写真
7時半起床。
昨日の白酒が少し残っている気もしながら、終日室内の方案作りとこまごまとした変更図面作成。

夜は剛志くんの誕生日と言うことで普段行かない少し遠いお店で火鍋を食す。
店までの道すがら普段とは違うぼくにとっては一歩道を入れば、な道を散歩。
以下の写真は散歩中に撮った内モンゴルの一地方都市の現在。







新聞掲示板
10時過ぎ起床し洗濯をしながら読書をし、昼食に出かける。
天気のいい日曜日。


陽射しが強すぎてアップルストア内でも日傘をさしている女性を見かけるほどだった。

食後ビールを飲みながら読書をし、その後場所を変えてアイスコーヒーを飲みながら読書を継続。夜も食事をしながら続ける。
気分に間違っていない選択をすれば読書は続くが、間違ってしまうと大体途中で止まる。



写真は工体前の新聞が張られた掲示板を除く人たち。
字が小さいのとガラスへの映り込みのせいで、みなやたらとガラスに近い姿勢がユーモラスな光景に見えた。そんなにも欲しい情報があるんだったら家で新聞とれば良いのに。とも思ったけど、おいおいこれ見てみろよ。と隣の人とその場で盛り上がる老人たちを想像すると、そっちの方が面白い。


バスを待つ人たち
最近始まったとあるプロジェクトの室内設計。
ぼくは他のプロジェクトもあるので、昨日から中国人スタッフに手伝ってもらっていて、今日は二回目の打ち合わせ。
余裕のないスケジュールなので、まだ始まったばかりだけどスタディの方向をなるべく示して、できるだけ具体的な打ち合わせを心がけよう。これもまた難しい。

陽が暮れる前に退社し自転車で帰宅。
帰宅ラッシュ時のバス停は混雑していて、バスを待つ人たちが我先にと道路に飛び出す。お陰で車も渋滞。


ぼくは自転車なので迷惑を被ることはないけど、いやはやなんともな光景。
それでも好きな光景ではある。


日曜日 ちょっと仕事
午前事務所に行き現場から帰ってきた同僚と打ち合わせ。
明日は建築、景観、照明、噴水、映像、彫刻、とクライアント以外のプロジェクトに関わる全ての人が集まっての会議。

ちょっと気が重いが、やることやって15時前に退社。
大望路の無印に行ってファイルを買い、スタバで休憩し、日本語試験が終わった恋人から連絡があり自転車で一時間かけ汗びっしょりかいて鼓楼に辿り着き串を食べて軽く打ち上げ。
いやあ暑い。それでもやっぱり外がいい。


その後近くの服屋さんに行きシャツとズボンを購入。また買ったまた買った。

で今から明日の会議に出したい部分のディテール図のスケッチを描いて、出来れば夜はEURO決勝が見れたら最高だけども。眠ってしまいそう。