永岡武人(1984〜)の北京(2010〜)→成都(2014〜)での建築設計事務所勤務生活雑記
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新しい事務所での勤務開始
四川省の新津県という片田舎での勤務が始まった。
仕事の内容はこれまでと大きく異なり、台湾や四川で実践してきた事務所の既存のシステム(構造グリッドや階段の形など)の中で、プロジェクトごとに敷地にあった平面のバリエーションを出す。ちょうど今新しいプロジェクトが進行中でぼくは平面を担当していて、これまでのプロジェクトを参考にしながら描いている。
まだ3日目を終えただけだけど慣れてきたらまた色々と思うこともありそうで楽しみ。
勤務時間を終えるとみんなすっと帰って行くので、これもこれまでの環境とは大分異なる。

今週末には事務所が成都に引っ越すことになったので、片田舎生活は1週間で終わることになりそう。とはいえ、他のスタッフを見ていると1週間のうち半分くらいは現場に行っていそうなので、そのうち片田舎どころではないど田舎生活も体験できるだろう。

以下写真
市場がたっていたり、畑でスイカを売っていたり、自転車の後ろに鶏が乗っていたりする街です。

スポンサーサイト
鳥がのっとる自転車かわいいね。お土産で買ってきてくれい。
ぽん | 2014/06/18 19:03
自転車は大きくて面倒だし、鶏は持ち込めないので、ぜひ成都に来てください。
naga0ka | 2014/06/18 23:31
COMMENT









Trackback URL
http://naga0ka.jugem.jp/trackback/433
TRACKBACK