永岡武人(1984〜)の北京(2010〜)→成都(2014〜)での建築設計事務所勤務生活雑記
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夏の色々を感じる
7時半起床8時半出社。
家と事務所の間にはお店がないので、昨日買っておいたヨーグルトが朝ご飯。
朝から平面図の続きをやり、12時半完了。12時半から14時までが昼休み。事務所は工場地区の工場の中にあるので近くにお店がなく、先輩の車に乗せてもらい蘭州ラーメンのお店に連れて行ってもらう。11元とちょっと高めだけど美味しかった。そこで焼いたお餅みたいなの(ピザの耳みたいなの)をスープに浸して食べるものがついてきて、八戸のせんべい汁を思い出した。堅くてぱりっとしたものに水分を吸わせて食べる料理は色々なところにあるらしいひろがりを感じた瞬間でした。

午後は描きまくった平面図を特徴ごとに整理して先輩に見てもらい、ひとまずokをもらう。断面を担当していた人が他のプロジェクトで手が回らなくなったのでぼくが引き続き断面も担当することになる。しかしまた断面の事務所規格がわからないので30分ほどのレクチャーをしてもらい開始。行けると思っていた平面が断面と照らし合わしてみると成立していないものを発見。規格がはっきりあるので平断どちらも理解してくればロスなくできるようになるだろう。

19時過ぎ退社して、1人で食事。
帰宅途中の道では草の匂いを感じ、蛇の抜け殻があったり、大量の虫が浮遊していたり、鳥の羽が落ちていたり、汗がじとーっと落ちてきたり北京とは違う夏を感じる。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://naga0ka.jugem.jp/trackback/434
TRACKBACK