永岡武人(1984〜)の北京(2010〜)→成都(2014〜)での建築設計事務所勤務生活雑記
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

派出所で2時間近く待たされる
朝7時起床。8時出発し、派出所へ行くも9時半まで待たされた上、担当者到着後いきなり出前を頼んでオフィスで面を食べ始める。
居住登録が住んだのは10時半。さすがに遅れてきた上に朝ご飯をみんなが待ってる前で食べるのは、、と思うも誰一人文句を言う人無し。これが国家権力か。

11時前事務所に到着し、出張時のプレゼンや敷地調査の報告の資料を準備し、午後ずっと打ち合せ。
打ち合せ中突然プロジェクト責任者に指名される。おーずるい!と思ったのは、実は午前中に正式採用の給料のことを伝えられ、色々質問しコミュニケーションをとった上で納得したのだけど、午後の打ち合せでプロジェクト責任者に指名され、あれ条件違うくない?という感情も瞬間的に湧いた。入所1ヶ月でプロジェクトを任されると言うのは嬉しいことこの上ないのだけど、責任と評価の順番が逆な気もする。
とは言えもうサインしちゃったし、年末にその分評価してもらえるよう任されたやりがいのある仕事を進めたい。

夜20時帰宅し、同居人4人で食事。食事を作ってくれるのは重慶人のダーダー。お皿を洗うのは河北人のヤーション。そしてキッチン周りを奇麗にするのがぼくの役割。おかげでおいしいご飯を安く食べられるし、家は常に清潔だしという4人暮らしのメリットを感じてる。もう1人台湾人のアバンはダーダーの恋人と言うことで彼の分はダーダーがこなす。

食後イタリア・フランス周遊からオランダに戻ったLiu ChangとSkypeで話す。パリの博物館で何人かにナンパされたらしい。日本とはナンパする場所も違うのか。

おやすみなさい

 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://naga0ka.jugem.jp/trackback/438
TRACKBACK