永岡武人(1984〜)の北京(2010〜)→成都(2014〜)での建築設計事務所勤務生活雑記
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

事務所の仕事について紹介
周一の更新になってるけど、まあそれでもいい。
雲南から帰ってきて現地で得た情報と案の擦り合わせをやっている。

このプロジェクトは事務所がこれまでにやってきたプロジェクトの「安く早く頑丈で快適な家を建てる」という流れの中でも少し条件が異なり、クライアントからは現代っぽい感じがほしいということで、これまでのモジュールは踏襲しながら新しいシリーズの開発的意図もある。

試用期間1ヶ月を経て、晴れて正式採用となったのでぼくが所属する事務所の紹介を簡単にしたいと思います。
ぼくがいるのは台湾の建築家、謝英俊が主宰する常民建築の成都事務所。市川くんが最近出版した「ねもはEXSTRAー中国当代建築」でも紹介されていないので日本では恐らく知られていない建築家だけど、謝英俊は1999年に台湾で発生した921地震の際に復興住宅の設計建設を行い、その後も震災がある度に復興住宅の建設を行っています。921地震以前には台湾の公共建築も多く手がけていましたが、最近は農村住宅が主な仕事です。建設までの流れの中で、設計と生産、建設の全てのフェーズに関与しており、現地調達が難しい材料(主に構造材である軽量鉄骨)は自社工場で生産し現地に輸送。住民自身が建設できるよう可能な限り簡略化してあります。そのため設計はディテールがある程度固定していたり、モジュールが決まっている中で行います。これは規模は違えど日本のハウスメーカーに近い業態だと思うし、近代建築の工業化を比較対象として考えることが出来ると思うけど、この点については考察が必要なところなのでまた別の機会に。
今日は先月現場視察に行った雅安市の住宅について写真を交えて紹介します。

昨年雅安市で発生した雅安地震の復興住宅建設プロジェクトで、敷地は成都市から車で約5時間の山中にあり、費用の大半を政府が負担して建設が行われています。
昨年末に建設が始まったものは既に住民が住んでいたり、最近建設が始まったものもあったりという状況です。ぼくはまだ誰からどのように事務所に依頼があってプロジェクトが進んでいるのか理解しておらず、同じ村の中でも建設時期が異なったり、事務所が関与していない一般的なコンクリート造の住宅が建設されているのは不思議な光景でした。

村までの道中、路傍に瓦礫が詰まれていたり、ぼくたちが参加しているのとは別の新農村建設が多く見られました。



この住宅の骨となる妻側断面の部材は地面で組み上げられ、起こしてそれらを梁で連結します。大体はこんな感じで、非常に簡単な作りで、構造材の間はここではレンガで埋められていました。内装についても事務所からの提案は行ったようですが、大体のプロジェクトで住民自身が思い思いに行うようです。近代的生活の代名詞である白!みたいな。



こういう状況で重要なのは、溶接作業がない簡略化された建設作業に住民が参加することで建設費を抑えられること、先行きが不透明な農村地帯で20年後に何らかの理由で住宅が不要になった場合には軽量鉄骨を売って引っ越しなどの足しに出来ることがあげられます。という理念を事務所としては語っているのだけど、ぼくはまだ技術的なことや中国農村の実態に対しての理解が浅いので何とも言えません。軽鉄はトン幾らで売れるのかとか。



このようなプロジェクトを通して、プロジェクトの発生起源や流れ、技術的なこと、農村を取り巻く政治的なことについて具体的な理解を深め、同時に建築の近代化、工業化の勉強も進めていきたい。先日成都をご案内した建築家、岡村裕次さんにも溶融亜鉛メッキした軽量鉄骨は売りにくいんじゃないの?と指摘されて、恥ずかしながらぼくはその場では理解できなかった。この4年間建築の設計活動を行ってきたけど、こういうところが決定的に欠落していることに直面し、俄然勉強せねばと思った次第であります。

 
スポンサーサイト
初めまして。韓国ソウルで設計事務所をしてます
中国は北京、威海、青島,成都で300坪の飲食店を
設計しました。
来週から青島の新規プロジェクトです。
中国の建築事情がたいへん良くわかり参考にさせて
もらいます。
singyouji | 2014/08/15 00:13
>singyoujiさん
初めまして。参考にして頂けるほどちゃんとした情報ではないので恐縮ですが、何よりです。
ぼくは日本で設計事務所勤務経験がないので、正直精度に関してはあまりわからないですが、ぜひ成都の焼肉店にも行ってみたいと思います。
naga0ka | 2014/08/15 23:41
COMMENT









Trackback URL
http://naga0ka.jugem.jp/trackback/439
TRACKBACK