永岡武人(1984〜)の北京(2010〜)→成都(2014〜)での建築設計事務所勤務生活雑記
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

雲南省で発生した地震の被害に疑問
日記形式を放棄して、週一の更新にしようと決心。



先週日曜日に雲南省で震度5強かな、の地震があって連日報道されている。どこの道が復旧しました、政府に感謝!みたいな報道だけど。震度5強程度で住宅が全壊してしまっているのを見て疑問に思う。雲南省が所謂中国の支配下に入ったのは元の時代。それまでは独立国家として存在していて、長い歴史を持つ。つまり、地震多発地帯である雲南の人たちは長い間地震と付き合って暮らしてきたはずなのに、どうしてもこんなに被害が拡大してしまうのだろうか。倒壊しているのはレンガを積んだ壁に木造の屋根を架けた住宅。震災の度にこんなに大きな被害を被ってきたんなて考えられない。進歩があるはず。

ということで、今週のメモ
1.雲南の建築構法の変遷
2.レンガ造はどこからやってきてどうして受け入れられたのか
3.中国で軽量鉄骨造の建築の解体方法
4.軽量鉄骨を売却する際の手順
5.鉄骨の売値

について来週末までに調べる。

 
スポンサーサイト
成都は昨年9月に開店したロッテデパートの地下の
焼肉店です。270坪ですが建築でなくインテリアですね。
ソウルでは戸建の設計も年2棟ほど請けますが何分
日本基準で考え施工業者に対しストレスがたまります。
今回の青島が最初の中国プロジェクトと思いたいくらいの完成度です。
singyouji=眞ちゃん | 2014/08/15 00:36
COMMENT









Trackback URL
http://naga0ka.jugem.jp/trackback/440
TRACKBACK